スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クレイモア 第2話 

第2話「黒の書」
◆あらすじ◆
ラキを連れ歩き続けるクレアのもとに組織の使いの男が現れる
男は"黒の書"をクレアに渡した


半人半妖のクレイモアは組織が妖魔に対抗するために作り出したもので
人間に妖魔の血と肉を入れ作り出される
妖魔の力は使えば使うほどクレイモアを妖魔化させていく
力を使い続けると、いづれ力がコントロールできなくなり完全に妖魔と化す
妖魔化を悟ったクレイモアは、人間のまま死ぬために
"黒の書"を親しい者に送り、人間でいられるうちに殺してもらう

クレアに黒の書を送ってきたエレナは、
同じ頃組織に入り、辛い時慰め合ったクレアの唯一の親友だった

シーレ山に入ったクレアはラキに止められるが
ラキを振り払いエレナを斬る


◆感想◆
死に向かっていくと知りながら妖魔を倒していかなければいけないんですね
クレイモア達はなんで組織に従ってるんでしょうかね
自ら進んでクレイモアになった訳じゃないでしょう
実験動物的な扱いを受けてたっぽいし


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

[2007/04/13 18:22] クレイモア | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

=この記事のトラックバックURL=
※言及リンクは必要ありませんので、関連した記事であればお気軽にどうぞ
http://moskid.blog88.fc2.com/tb.php/181-c234eed4


レビュー・評価:クレイモア/Story 02 黒の書

品質評価 16 / 萌え評価 11 / 燃え評価 27 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 40 / お色気評価 12 / 総合評価 22レビュー数 54 件 ラキを料理番にして妖魔退治の旅を続けるクレアの前に、組織の連絡係のルヴルが現われ、同じクレイモア・エレナの紋章が記された『黒の書』?...
[2007/12/10 02:42] URL ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。