スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神曲奏界ポリフォニカ 第11話 

第11楽章「レクイエム 歌う精霊」

たしかに作画は残念だ
でも好きだ

きっと原作も好きだ

◆レクイエム 歌う精霊◆
自動単身楽団を作ろうと試みるテラト・テルミンと精霊クリスタ(←関係が謎
神曲とは神曲楽士が魂を込め演奏するもの、楽士を必要としない自動単身楽団が奏でるものは神曲ではないのか?
事故死(殺された?)したテラト・テルミンに代わり、開発途中の自動単身楽団に自分の魂を込め奏でるクリスタ
自分自身の魂を消耗してもテルミンとの夢を追おうとする。

精霊との共存に反対する勢力の過激運動が見え始める
神曲を与えず暴れ狂う精霊を爆弾とし、テロを計画

捜査をはじめる黒のコンビ、狙われる姫様
偽りの虹と知りながら演奏を続けるクリスタ


次回 第12楽章「シンフォニー 虹の神曲」



◆感想◆
こうなりましたか・・・
相変わらず作画が残念ですが、この雰囲気がやっぱり好き
最終回、楽しみに待っていますよ



神曲奏界ポリフォニカ関連記事

第2楽章オペレッタ 見つめる精霊
第6楽章スケルツォ 傍にいる理由
第7楽章ヴァイオレンツァ 黒い追跡者
第8楽章セレナーデ 人と精霊の狭間に
第9楽章ラプソディ とある神曲楽士の話
第10楽章バラード 愛憎の決着

FC2ブログランキング 人気ブログランキング
スポンサーサイト

[2007/06/14 21:33] 神曲奏界ポリフォニカ | TB(8) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

=この記事のトラックバックURL=
※言及リンクは必要ありませんので、関連した記事であればお気軽にどうぞ
http://moskid.blog88.fc2.com/tb.php/265-e717d158


神曲奏界ポリフォニカ #11 「レクイエム 歌う精霊」

前回放送の予告でフォロンが言っていた「コーティ、今までありがとう・・・」とは今回いったいどの辺りのことだったのでしょう??あれれれ??まぁいいです、今回もボウライが可愛かったのでヨシ♪(笑) ↓
[2007/06/14 21:43] URL マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

神曲奏界ポリフォニカ 第11話「レクイエム 歌う精霊」

魂のない曲は神曲じゃないのか?精霊と人をもっと身近にするために自動単身楽団を造ろうとした技術者テラト・テルミン。不幸な事故で死んだ彼に代わって、クリスタが彼の夢を叶えようとするが…。アニメ版ポリフォニ
[2007/06/14 21:48] URL SERA@らくblog

神曲奏界ポリフォニカ 第11話「レクイエム 歌う精霊」

次の12話と続きものになっている。シナリオは冗長気味なのに、画は原画も動画も省エネ型。一貫して描かれている「人間と精霊の関係」は伝わってくるのだが、シナリオの視点が定まらずに散漫気味になるのが惜しい。スタジ
[2007/06/14 22:08] URL Cross Channel

神曲奏界ポリフォニカ 第11楽章・「レクイエム 歌う精霊」を見て寸評

 常にグダグダにみえるこの作品にも、実は(というのも失礼かも知れないが)全編に『人と精霊との違い』という、作品世界に於いて重いテーマが横たわっているわけだけれども、それが意外と効いている気はする。その踏み込み度合いが少しだけ足りないけど。マトモに消えちゃ
[2007/06/14 22:45] URL サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

神曲奏界ポリフォニカ 第11話「レクイエム 歌う精霊」

神曲奏界ポリフォニカなんだかんだで1話に登場した姫君が登場。でも、出ても其処まで深くは関わってないんですが…この再会の意味は、来週の為?始まって早々に神曲全開で、てっきり私はりツゲ様みたいな定期診断かと想いましたよ。それが研究の資料収拾だったとは....
[2007/06/14 22:47] URL パプリカさん家のアニメ亭

神曲奏界ポリフォニカ 第11楽章

「レクイエム 歌う精霊」 最終回への伏線回でした~ 反精霊団体 唐突に現れた反対
[2007/06/15 10:05] URL Brilliant Corners

神曲奏界ポリフォニカ 第11話「レクイエム 歌う精霊」

神曲奏界ポリフォニカ 第11楽章「レクイエム 歌う精霊」
[2007/06/15 16:15] URL 恋華(れんか)

レビュー・評価:神曲奏界ポリフォニカ(アニメ)/第11楽章「レクイエム 歌う精霊」

品質評価 6 / 萌え評価 17 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 8 / お色気評価 4 / 総合評価 6レビュー数 47 件  フォロンとコーティカルテが訪れたのは、名高き天才技術者テラト・テルミンの研究所。彼と精霊クリスタの夢は、神曲楽士を必要としない完全自動で神
[2007/10/16 01:17] URL ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。