スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

39度のとろけそうな魔法少女 

風邪気味です。

ニンテンドーDS:国内1937万台でファミコン超え エンターブレイン調べ(『まんたんウェブ』)
ライトユーザー向けってのはまあ解るんですけど
RPGとかはもっと重いの欲しいですな・・・


「よつばと!」圧倒的強さで1位 「ハンター×ハンター」「マリみて」も(『まんたんウェブ』)
殆ど知らない
バンブーブレードは前から人気があったのか?アニメ化で注目されたのか?


魔法少女リリカルなのは:水樹奈々と田村ゆかり 声優とアニソンの理想的な関係(『まんたんウェブ』)
またでたw なのは特集!w

>エンディング・テーマは、高町なのは役の田村ゆかりが担当。シリーズ第2作までは、彼女の甘い声質が存分に楽しめるメルヘンな曲調だったが、最新作ED「星空のSpica」「Beautiful Amulet」では一転、まるで水樹奈々を思わせるような激しさを見せてくれた。だが、いずれも一貫してストリングスをフィーチャーするなど、楽曲の根底には共通のイメージが流れており、この変化を主人公・なのはの成長と見て取ることもできるだろう。
やっぱり19歳になったてのを意識してるんでしょうねー
それぐらいは誰でもわかるけど、"ストリングスをフィーチャー"
とかそこまで熟考してるとは・・・まさか

>中でもシリーズ第2作ED「Spiritual Garden」は、流麗なストリングスに二胡のオリエンタルな音色が加わってファンタジックに、さらにブレイクビーツ気味のリズムや電子音がアクセントとなって、まさに田村ゆかりの真骨頂とも言えるべき代表曲に仕上がっている。
>主題歌を主演声優たちが歌って作品と共にヒット、それを受けて続編が作られ、また主題歌がヒット……という、声優と作品においてこれ以上ないほど理想的な関係性を築き上げた作品。それが「魔法少女リリカルなのは」なのだ。

熱い・・・・熱すぎる!!
これはもうなのは信者決定ですな!!
「Spiritual Garden」は私も結構すきですー


関連自記事
この世は虚構で塗り固められている。
FC2ブログランキングWEB拍手人気ブログランキング
スポンサーサイト

[2007/10/05 12:00] 日記&雑記 | TB(1) | CM(2)

コメントありがとうDeSu~

>>草刈鷲士さん
ばんわ~

>最近のDSはFFやら他にもRPG関連のCMを良く観るようになりましたよね。
それでもDSのRPGは評価が非常に悪いみたいですよ

>よつばと!
かなり前から気になってるんですけどね~
お金がー

>本編内容に触れると信者が潰しにくるかもしれないので、このぐらいで辞めときます(笑)
その発言で十分危険かと思われますw
[2007/10/06 22:07] あしゅ [ 編集 ]

いつもどうもDeSu~

>RPGとかはもっと重いの欲しいですな・・・
私も周りの知り合いがみんな持ってるんで欲しいとはおもうんですけどね~
でも、ゲームとしてはイマイチだけど動画・音楽再生機器として
使い勝手のよくなったPSPは、いつも出かける時のお供としては最適DS。
それにしても、最近のDSはFFやら他にもRPG関連のCMを
良く観るようになりましたよね。

>殆ど知らない
よつばと!は、私も買いつづけてますね~
大受けしたりもしないですけど、じっくりじわじわと笑いの来る作品DS(です)
ただ私が、ただ「あずまきよひこ」ファンなだけでもあるんですけどね(w)

>バンブーブレード
原作の方は、いまいちテンポが悪いのでオススメできなかも(苦笑)

>「Spiritual Garden」は私も結構すきですー
オープニング&エンディング含めて、歌は良いんですけどね~(w)
本編内容に触れると信者が潰しにくるかもしれないので、
このぐらいで辞めときます(笑)
[2007/10/06 01:03] 草刈鷲士 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

=この記事のトラックバックURL=
※言及リンクは必要ありませんので、関連した記事であればお気軽にどうぞ
http://moskid.blog88.fc2.com/tb.php/425-4f412792


二胡二胡(にこ、中国語では''あるふー'')は中国の伝統楽器。擦弦楽器の一種で、2本の弦を弓で弾く。琴筒はニシキヘビの皮で覆われている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licen
[2007/10/14 17:02] URL アジア音楽フェアー





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。